財務諸表論に4年連続落ち続けた僕が、合格した年に行った勉強法

試験で使ったペン

試験用のペン

今さらですが、税理士試験は、解答にシャープペンや鉛筆は使えません。
黒または青インキの筆記用具が必要です。

 

自分の場合は、理論用と計算用とで使用するペンを分けていました。
理論は、滑らかに早く書けるものを重視し、計算は、インクがにじまずに細かく書けるもので、しっかりとした色合いがあるものを選びました。

 

財務諸表論 理論用ペン

理論は万年筆がよいとの声もありますが、自分はあんまりお金をかけないように、色々試した結果、これにたどりつきました。

 

uni-ball Signo 0.5 青  150円+税
計算用より太く、滑らかにかけるので、なんとなく自信がある文章に見えるような気がします。
もちろん、中身が一番重要なわけではありますが・・・

 

 

財務諸表論 計算用ペン

計算用でも色々なペンを試しましたが、最終的にこれに落ち着きました。

 

uni-ball Signo 極細0.38 青  150円+税

 

その他のサイズと色など

もっと細いのが良い方には、極細0..28や、インクの青以外がお好みの方には、ブルーブラックというのもあります。色々試してみて、自分が一番しっくりくる相棒を是非、見つけて下さい。

 

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 合格した年の7つの違い