財務諸表論に4年連続落ち続けた僕が、合格した年に行った勉強法

税理士と公認会計士の違い

税理士と公認会計士の違い

税理士と公認会計士の違い

 

世間でよく混同されがちなのが、
税理士≒会計士(公認会計士)という間違いです。

 

会計事務所でスタッフ(税理士補助)として働いていたことのある人なら、お客さんから「会計士さん」と間違われたことがある方も、結構いるのではないかと思います。

 

 

「今でも年収結構もらっているんでしょ?会計士の勉強なんて大変でしょう」だなんて・・・

 

スポンサードリンク

 

会社設立したての社長さんからこの手の質問が飛んできます。

 

確かに働いている業界が会計業界なので、
我々を(公認)会計士さんと思ってしまうのも
仕方のないことなのかもしれません。

 

 

税理士と公認会計士の職業的に異なるものであるとの
理解がある人でも、その違いを正しく答えられる人もあまりいません。

 

両者には、対象とする顧客の規模に違いがあります。

 

税理士とは、税務(税金)の専門家です。

 

お客様となる中小企業の社長、オーナー、個人事業者などの納税者からの依頼を受け、
税金に関するアドバイスや各種税金の申告、税務書類の作成などを行うのがその仕事です。

 

 

一方で、公認会計士とは、企業の会計監査を行う専門家です。

 

公認会計士は、会社の決算書などの財務情報につき、
その内容に偽りのない正確で適正な信用出来るものであることを、
証明、お墨付きを与える評価機関の役割を行います。

 

 

また、公認会計士による会計監査が義務づけられるのは、資本金5億円以上
または負債の合計額が200億円以上の大会社の場合に限定されています。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 合格した年の7つの違い