財務諸表論に5年連続落ち続けた僕が、合格した年に行った勉強法

合格すると人生変わる?

財務諸表論に合格すると人生変わる?

 

いえ、もちろん変わりません(笑)

 

合格してよかったと言える点は、「税理士試験に一部合格しています。」または、「税理士試験に科目合格しています」と言えるようになった点ぐらいです。

 

僕は会計事務所に勤めていましたが、その仕事内容は税理士補助として、会社オーナーや社長と税理士とをつなぐ担当窓口です。

 

なので、社長からしてみれば、
「なんだ俺は税理士にお金を払っているのに、何で税理士じゃない人が担当なんだ」
と思われていそうなのは、会計事務所によくある光景ですが、

 

「自分は税理士の卵です」という説得材料になるのが、「科目合格」です。

 

ほんとにちっちゃなプライドです。

 

スポンサードリンク

 

でも、全部合格して税理士になれば、変わるかもしれません。

 

働いていた事務所は発展途上で、社員が100名ぐらいの会計事務所としては大手に迫るところでしたので、いろんな社員がいましたが、税理士になってまず変わるのは、給与です。

 

 

雇われ職員は、給与は安いと言われますが、
それでも税理士の資格をとった人は、会社の顔としても売り出すことに使えるので、価値が上がる結果、給料は上がります。

 

 

また、実務にある程度の自信をつけた方は、独立をした人も少なくなく、
よくネット上では、「税理士は飽和状態でもう稼げない」と言われていますが、実際には稼いでいる人はいないことはありません。

 

でも開業するに当たり、責任の重さや自分の借金を背負ってやる意味として考えたときには、ネット上で言われていた、平均年収900万円は、「ないない」で、美味しい職業とは言えないですのは確かですが、

 

資格を生かしてくいっぱぐれのない仕事としての魅力はまだまだあるとは思います。

 

 

勝手に言わせてもらえれば、この業界はプライドは高く、勉強はどちらかというと得意な人が多く、その反面では営業が苦手な税理士も多いので、営業が得意な方だったらまだまだチャンスはあるかと。

 

ビジネスの基本は、人間関係です。 人との関わり合いを積極的にできる人だったらOKなのです。それが苦手な人は、勤務税理士として大手など給料のよいところを探し歩くことになるでしょう。

 

 

けれど、結局実務経験のいかんは大きくあるので、人によって様々ではあり、
お金をガッツリ稼ぎたいから税理士を目指したいというのがメインの目的である場合は、費用対効果は低いのでやめた方が良いとは個人的に思っています。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 合格した年の7つの違い