財務諸表論に5年連続落ち続けた僕が、合格した年に行った勉強法

受験者数と合格率の推移

財務諸表論年度別合格率の推移(財務諸表論)

区分 受験者数 合格者数 合格率
年度
2009年(平成21年/第59回) 18,626 2,976 16.0
2010年(平成22年/第60回) 19,230 2,520 13.1
2011年(平成23年/第61回) 18,650 3,101 16.6
2012年(平成24年/第62回) 18,246 3,785 20.7
2013年(平成25年/第63回) 16,137 3,611 22.4
2014年(平成26年/第64回) 13,372 2,460 18.4
2015年(平成27年/第65回) 12,202 1,906 15.6
2016年(平成28年/第66回) 11,420 1,749 15.3

 

どうでしょうか?
なにか見えてくるものがありますよね。
そうです、受験者数が大きく減少しています。

 

ちなみに僕が合格したのは平成24年度の第62回でした。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 合格した年の7つの違い